Interview先輩インタビュー 04

自分の力やアイデアが試される。
それを楽しいと思えるかどうか。

阪神支店 住設特販部 係長
木下 将也
2007年入社

仕事のモットー
ChangeとChallenge。飛躍的成長のためには不可欠。常に新しいことにチャレンジしていきたい。

ナカシマに言えば何とかなる? はい、その通りです。

システムキッチンやユニットバスなど住宅設備機器の提案営業をしています。「営業職は大変でしょう」とよく言われますが、私は人と接するのが好きなので、心から楽しんで仕事をしています。新規のお客様に発注いただき、「次もお願い」とご縁がつながった時に「信頼していただけたのかな」と大きなやりがいを感じます。
ナカシマでは、「NO」「できません」は禁句です。お客様の役に立てるチャンスがあるのなら、全力を尽くして解決策を探る。そうすると新しい局面が開けて、結局はお客様と自分のためになっていることが多いのです。「ナカシマに言えば何とかなる」と思っていただければ、しめたものです(笑)。

会社の発展も、「自分ごと」。だから、新しいことに挑戦する。

ナカシマでは、従来の業務の枠にとらわれず、自分の可能性を広げることも可能です。私は、パラソルヒーターのレンタル事業を自ら提案し、立ち上げに携わりました。自主的に考え、行動する姿勢があれば、若手社員にも活躍の場が与えられる自由な社風です。新規事業プロジェクトにも参加しているので、日々の業務に打ち込みながら、常に新しい事業のアイデアを探しています。会社の未来を、自分たちでつくっていく。考えただけでワクワクしてきませんか? 自分の実力をいかんなく発揮し、伸ばせるステージがある。チームで力をあわせて取り組む喜びもある。そこがナカシマの魅力だと思います。